スポンサーリンク

【双葉SA下り】衝撃の青い富士山カレーVS赤い富士山カレー 

青い富士山カレー食べました おでかけ&グルメ

先日旅行で中央自動車道を走っていた時に立ち寄った双葉サービスエリア(下り)に面白い食事メニューがありました。

その名も、青い富士山カレー/赤い富士山カレー!

わんころもち
わんころもち

えっ、カレーが青いの!?

赤い富士山の方はなんとなく味の想像がつきますが、青い方に関しては、いったいどんな味になってしまってるんでしょうか・・・。思い切って食べてみましたのでレポートしてみたいと思います。

スポンサーリンク

青い富士山カレーと赤い富士山カレー両方注文。

長野方面へ向かう高速の最中で、山梨県にある双葉サービスエリアに立ち寄ったので、そこで食事休憩することに。すると、びっくりするような鮮やかなカレーを発見。それが「青い富士山カレー」でした。

青いカレーのあまりのインパクトにかすみがちですが、「赤い富士山カレー」もあります。少し見た目にそわそわしながらも、両方頼んでシェアしてみることにしました。

富士山カレーの価格

2018年の12月から発売開始したメニューで、価格は青・赤ともに1,000円でした。カレーの相場からしたら少し高めに感じますが、提供に時間がかかるということもあり、手間がかかっていますから、そこは仕方ないですね。

山梨といえば、富士山!ということで、この日は天候が悪く本物の富士山が拝めなかったかわりに、カレーで富士山を拝ませていただくことにします。

周りもびっくりの青さでカレーが登場

「カレーは時間がかかります」と言われていたので、周りの頼んだ蕎麦などが先に来る中ひたすら待機。10分以上たって、ようやくカレーの登場です。

すると、周囲のお客さんからざわめきが・・・。それもそのはず、この青さです。

青い富士山カレー

正直食欲をそそる見た目とはいえませんが、SNS映えという点ではピカイチの商品。私はこの見た目でも「食べれる!」と思いましたが、一部の同行者からは「絶対食べたくない」と厳しい声も。そんなこというのは味を確かめてからにしましょうね!

赤い富士山カレーの味は辛めのカレー

さて、まずはインパクトが薄れてしまっていますが、確かに存在している赤い富士山カレーから食べてみます。

赤い富士山カレー

確かに赤いのですが、見た目的にはカレーのイメージからそんなに離れていないため、美味しそうに感じます。

肝心の味は・・・辛めの美味しいカレーです!

トマトベースなのか?はたまた香辛料で赤くみえるようにしているのか不明でしたが、とにかく美味しかったです。辛さは酸味があり、少しピリっとくる程度なので、辛いのが苦手な方でも食べられるレベルのカレーでしたよ。

これは味見をした同行者たちも「美味しい」と言って食べていました。

青い富士山カレーの味は・・甘い。

いざ、青い富士山カレーへのチャレンジです。一口すくって食べてみると・・・。

予想よりもクリーミー!正直甘いです。

青い富士山カレー食べました

後から材料を調べてみたら、ココナッツミルクとと乳製品、桃のピューレまで入っているようでした。それじゃ甘いですね。

大人の私としては少々物足りないくらいの辛さ。いや、辛さはほとんどないといってもいいでしょう。しかしお子様にはぴったりの甘さだと思います。

目をつむって食べてみると、カレーよりはクリームシチューに近いような、そんな味がしました。鶏肉とココナッツミルクが入っていることを考えると、二本のカレーよりはタイのグリーンカレーに近いイメージになるような気がします。

なお、同行者たちの感想は「食べれない」でした。悲しいです・・・。

スポンサーリンク

青い富士山カレーの食べられる場所

今回は山梨県の双葉サービスエリア(下り)で食べましたが、レトルト商品も販売されていてインターネットで購入することができます。

今までは富士山世界遺産センターのLAVA CAFEというところで1日20食限定で販売されてた人気メニューだったようなのですが、残念ながらこのCAFEは2019年3月24日で営業終了してしまったようです。

食べてみたい!という方はぜひ双葉サービスエリアに行ってみるか、インターネットで購入して食べてみてください。上りのサービスエリアにはないようなのでご注意くださいね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました