ドキドキの1歳半健診!持ち物や発達検査の内容と結果など

市から健診の通達がきて、1歳半健診に行ってきたよ!

1歳半健診は今までの健康チェックの意味合いが強かった健診から、一気にテストっぽくなるイメージがあって、数日前から緊張してしまった…。

持ち物や内容など詳しく掲載するので、これから健診を受けるよ、という方はぜひ見てみてね!

目次

1歳半健診のお知らせ時期と持ち物

健診のお知らせは約1ヶ月前に自宅に届くよ!

周りのママの中には、届かずに問い合わせてみたら、なんと忘れられてた…なんて人もいたから、通知が遅いなと思ったらお住まいの地域の役所に問い合わせてみてね。

私の地域の健診会場は保険センター。時間は14時開始。

受付時間は混雑を避けるために人によって20分単位でずらされてたみたいで、早めに行ったら会場外で待たされた…。行くのはギリギリでもいいかも!

忘れがちな持ち物&アンケートは事前記入。

持ち物は、健診のお知らせ封筒に入っていたものとプラスで用意していくものがあったよ。

  • アンケート
  • 歯科問診票
  • 母子手帳
  • フェイスタオル(歯科健診で使用)
  • ビニール袋(靴入れ
  • オムツ替セット
  • 筆記用具
  • おもちゃ(待ち時間気を引く用)
  • 飲み物

アンケートは結構内容が多くて、前日だと焦る気がしたので事前に記入しておいてよかったなと感じた。

質問内容みてる時点で、えーもうこんなことできなきゃいけないの…と思って落ち込んだりしたので、深く考えずに書くことをおすすめします!

ビニール袋と筆記用具は正直使わず。書き忘れとかあったら使うのかな?

あとはもちろん持ち物には記載ないけど、おもちゃや絵本は持っていったほうがいいかも!座らせとくのに一苦労でした。飲み物は泣いた後用(笑)

事前準備健診前日からやっておいたほうがいいこと

アンケート記入、荷物の確認、以外にやっておいたほうがいいこと…。

それは…睡眠時間の調整!

健診のアンケートに日頃の生活リズムは整ってますか?という項目があるにも関わらず、お昼寝真っ最中の14時から始まる健診。(小児科の先生が午前診療と午後診療の間に行うかららしい。先生も休んで欲しい)

発達検査のテストできるか不安が大きかったため、機嫌悪かったら絶対やらない!と思って前日夜にいつもより早く寝かせることに。

朝は7時に起こして、朝ごはんは軽めにし、公園で遊びまくり、お昼を10時にして、11時に寝かせることに成功!

13時に起こして支度して出発したよ。おかげで機嫌は普通だったので、待ち時間などは泣かずに過ごせたよー!これで寝不足だったら…考えただけでも恐ろしい…。

一歳半健診の内容

埼玉のとある市在住の我が家。

地域に寄って内容が全然違ったり(指差しなどの検査がないところも)するのでお知らせの検査内容を要チェック。

指差し&積み木検査

会場に入って1番最初にやったのが指差しと積み木チェック。

指差しは、保健士さんが6つの絵が書いてあるパネルを持って、こどもに見せながら「◯◯はどれかなー?」と聞いていく。

正直家でも気分でやったりやらなかったりだったので、出来るかかなり不安…。

だったけど、息子は案外すっと指差ししたので驚き!できたのは3/6。

電車、ブーブ、わんわんは指差しできました。

他は鯛、靴、ジュースだったので、そんなの教えてないしやらないわな、、という感想。魚の絵で鯛ってなんか違くない???笑

次は積み木。想像の10分の1の大きさの積み木。

え…小さすぎて…サイコロ???息子の口に5個くらい入りそう。

一個は積んだけど、2個目は積もうとしても落ちちゃって息子諦め気味。

家ではやりますか?と言われたのでもっと大きいやつでやってます…と回答。

みんなあんな小さいのでやってるの??!

身長&体重測定

次は身長体重測定。別の部屋なので移動がてら、保健士さんに「随分お兄ちゃんの顔ですね、大きいね」と言われる。生まれてからずーっと言われてる。

顔がしっかりしてるらしい?

体重は、おむつ一丁で測定。おむつが濡れてたらお取り替え…だったけど運良くなにもしてなかった。ラッキー!体重はあかちゃんの頃みたいに図りにオンではなく、体重計に乗って測るシステム。一人で乗れない場合は保護者が抱っこして一緒に測る模様。

体重知られたくないから頼む一人で乗ってくれ!と願掛けしてたら、大人しくちょこんと乗ってくれた。ありがとう息子よ… 体重は12.6キロ。

身長は横に寝かせて測るパターンだったので想像通りギャン泣き。

頭位も図るため保護者が押さえつける。ギャン泣き。わーん。身長は87センチ。

小児科医健診

お次は小児科の先生の検査。おむつ姿のまま待機。やっと泣き止んできたと思ったら…先生登場でまた号泣!!笑 せっかくいつもの小児科の知ってる先生だったのにー!

検査は、胸の音聞いたり、足の動き確認、性器の確認でした。特に問題なし。2分くらいで終了。号泣でお騒がせしました…。

歯科医師健診

号泣の息子に服を着せて、ちょっと泣き止んだところでまた別室移動。小声でうたうたったりして、ちょっとニコニコしだしたところで、歯科医師健診。また号泣…笑

歯の検査は持参のバスタオルを先生の膝に敷いて、その上にこどもを寝かせて、口の中をみるスタイル。息子大暴れで靴脱げるも、なんとか見てもらえた…笑

結果は虫歯なし!ただ、噛み合わせが合ってるときと合ってないときがあり(泣いてたから?)様子見。

上唇が異常!?

唯一引っかかったのが上唇小帯というもの。

異常ありにされてるー!前歯の上についてるスジみたいなものが長かったりするみたい。

すきっ歯になったり、歯磨きしずらかったりする。

ただ先天性なのでおしゃぶりが悪いとか、今すぐどうこうできるものでもないらしく、異常とかかれた割に様子見の模様。むむ…。私すきっ歯だから、息子に遺伝したのかなとか思ったり。

おしゃぶりはいつまでにやめる?

うちの息子、いまだに寝るときは、おしゃぶりが手放せない。

歯に影響あるのかなと思って聞いてみたら、2歳までには辞めた方がいいとのこと。

ですよね…。

もう少し言葉が通じるようになったら説得してやめさせようと誓う私。

でも息子は今夜もおしゃぶりを手放さない!うーむ。

歯磨きのコツ

大泣きの検診が終わると、今度は別部屋で2組ずつ歯の磨き方を説明してもらう。

まだ泣き続けている息子。

全然説明聞こえなくて迷惑なので一旦抱っこしてゆらゆら。

しばらくしたら何もされないと理解したのか泣き止み、お話しちゃんと聞けました。よかったー汗

歯磨きは、こどもに持たせる用の歯ブラシと、仕上げ歯磨きで分けた方が磨きやすいとのこと。しっかり上も下も唇めくって磨いてあげてね、と当たり前なんだけど難しいアドバイス。

暴れるよ〜!2歳すぎには歯医者でフッ素塗ってもらったほうがいいみたい。いつになったら泣かずにいけるかな〜

発語と栄養相談

最後はまたまた別室にて、発語と栄養の相談。発語は5〜6個出るか出ないかだったけど一応書いておいたら、個人差あるから少しでも家で話してるなら大丈夫ー!といわれ。ネットでみてると色々いわれた、2歳にまた診るといわれたって言う情報もあって緊張してたので拍子抜け。

栄養も、もう親と同じ味付けでいいよー!って言われこれまたびっくり。身長体重の伸びも順調なのでオッケー!だそうです。

1番びっくりしたのはこの時の保健士さんに「私お母さん見たことある!10ヶ月健診も担当したはず!」と言われたこと…!記憶力良すぎない?!

一歳半健診を終えて

ドキドキしたけど、なんとか無事終わってよかったー!そして疲れたー!前回と違って走り回るので捕まえとくのが大変だった。

過半数の子は大人しく座って待ってて、びっくり。さすがに身体測定では泣いてる子も多かったけど。でも息子も表面上座ってるように見えたかもしれないから(絵本で気を引いてた)もしかしたらみなさん宥めるのに密かに苦労してたりして…?!

周りと比べちゃいけないと思っても、密かに気にしてしまうドキドキの健診でした…!

 

 

 

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

楽しく暮らす!がモットーの埼玉県に住むアラサー専業主婦。
夫と1歳の息子との三人暮らし。
ブロガー歴は10年超えの根っからのブログ好き。

コメント

コメントする

目次
閉じる